1. ホーム
  2. »
  3. その他、ものに関する記事
  4. »
  5. 放置または片付けていない空き家はありませんか?

放置または片付けていない空き家はありませんか?


空き家

こんにちは、遺品整理さくらの堀田です。

ここ最近、空き家が増えているとか片付けていない空き家があって困っているなどの

ニュースやコラムをよく目にします。

愛知県においては、平成25年度と比べて空き家は多少減っているらしいです。

関連記事:愛知県の住宅・土地 平成30年住宅・土地統計調査

しかし、少子高齢化に向かう現代において、

これから空き家問題というのは徐々に表にでてくるのではと予想しております。

目次

  1. 空き家をこの機会に整理にしてみませんか?
  2. 空き家整理はとても大事です!
  3. 空き家整理は片付けのプロに依頼するのがおすすめです
  4. あなたのお力になります

 

空き家をこの機会に整理にしてみませんか?

家の疑問

・実家の両親が亡くなり遺産を相続したが、家は手放す予定で片付けをしたい方
・親が施設に入ることになり、家を片付けなくてはいけない方、など
そのため、空き家の整理で困っている方は多いのではないでしょうか。

もしお困りのことがあれば、お気軽に遺品整理さくらにご相談ください。

空き家整理はとても大事です!

相続などによって所有することになった物件は、賃貸物件や売却など運用することによって、
資産として価値を高めることができるものになります。

また古くなった家を解体して、土地を再利用することも考えられるでしょう。

ただ相続した時点で、多くの荷物が残されている状況であるならば、
まずはその状態を整理整頓してからでないと、どのような運用にも取り組むことはできません。

もし、遺産相続によって空き家を所有することになったり、施設入所によって親の自宅の管理を任されたような場合であれば、
遺品整理、生前整理など片付けのプロである『遺品整理さくら』に相談してみてください。

空き家整理は片付けのプロに依頼するのがおすすめです

誰も住まない空き家。

いま全国ではなんと800万戸以上もあると言われており、さらに今後も増え続けていくことが予想されています。

空き家率としてみてみると、現状で13.6%を超えています。8軒のうち1軒は空き家の計算となってしまいます。

もう他人事ではない状況となっていることが理解できるのではないでしょうか。

空き家のまま放置してしまうと、衛生上にも問題があり、しかも地域の防犯のためにも良くないと考えられています。

しかし早めに整理整頓に取り組んでいれば、家の風通しも良くなり、新たな買い手や借り手が見つかる可能性も高くなります。

関連記事:[日経新聞]空き家率、過去最高の13.6% 都市部で高い地域も

 

○空き家整理は片付けのプロに依頼するのがおすすめです。

空き家整理を自力で行う方も少なくありませんが、やはり時間や労力を考えると専門業者に依頼することをおすすめします。

特に、相続によって家を所有することになったような場合であれば、遺品整理・生前整理の専門業者に相談する適切です。

何らかの整理整頓が必要な場合であれば、必要なもの、不必要なもの、供養するもの、貴重品など、さまざまな分類が必要となります。

特に貴重品などがある場合、ついうっかり処分してしまうことがないように丁寧な作業が必要となります。

場合によっては、家族でも知り得なかった財産が保管されていた、なんてことも珍しいことではないのです。

遺品整理・生前整理の専門業者であれば、そのような作業が専門ですから、作業が丁寧であり、しかも綺麗に整理できますから家の価値を高めることにも繋がるでしょう。

あなたのお力になります

遺品整理さくら

空き家整理では、多くの品々を片付けていくことや、中にはゴミ屋敷同然の状態で片付けをスタートさせていくケースもあります。

それをご自身の生活の中で行うには、かなりの時間と労力を伴うとても大変な作業になります。

ただ、思い出の品々が残されていることや、貴重品なども探したいなどの思いがあるのであれば、ただ単に処分するわけにはいかないでしょう。

うまく空き家整理を進めたいのであれば、私どもお任せください。

お客様に寄り添い、お願いしてよかったと言われる作業を目指しております。

 

遺品整理さくらでは
・遺品整理
・生前整理
・不用品のお片付け
・ゴミ屋敷、猫屋敷、空き家整理

などを承っております。
作業後にリフォームや家屋解体をお考えの方もお気軽に御相談ください。

対応エリアは、愛知県(名古屋、尾張、三河)、三重県、岐阜県です。
東海三県内出張お見積もり無料です◎まずはお気軽に御相談ください。

それではまたお会いしましょう。