<<お電話:0120-708-789>>

手元供養のことはご存知ですか?~冥福を祈る行為こそが供養である~

kuyo

こんにちは、遺品整理さくらの掘田です。
4月、新年度ですね。
進学も昇進もありませんが、
日々の出来事に感謝しつつ、
ご依頼主に向き合った遺品整理・生前整理をしていきたいです。

桜もそこかしこで見かけるようになり、
お花見にでかけた方もいるのではないでしょうか?

さて、今回は思い思いの形がある手元供養についてお話させて頂きます。
手元供養って何?という方にもわかりやすいように説明いたしますので、
ぜひ読んで頂きたいです。

目次

  1. そもそも供養とはどういうことをさすのか?
  2. 広がる手元供養
  3. 手元供養にはどういったものがあるの?

 

そもそも供養とはどういうことをさすのか?

まずは、供養という言葉から読み解いていきましょう。

「供養」とは、亡くなった人などに対して冥福を祈る、
すべての行いのことを言います。

葬式、僧侶が執り行う年忌法要のほか、
仏壇に向かって手を合わせ焼香をしたり、
読経をする行為なども供養です。
また、墓前に花を添えることも、
私たちが日常的に行っている供養のひとつといえるでしょう。

いいお墓より引用

冥福を祈る行為そのものが、
供養であるということですね。

inori

故人を例に上げていますが、
人に限ったものではありません。
そうですね、ペットです。

ここ1、2年でペット飼う人が急増しています。
大事な家族の一員であるがゆえ、お別れになってしまったら
しっかり供養してきたいです。

広がる手元供養

それでは、手元供養とは一体何でしょうか?
それは故人の遺骨、遺灰、毛髪などを容器に収め、
自宅に置いたり、ペンダントなどに入れて身につけるということです。

故人を身近に感じたい、
あるいは、いつでも近くで見守っていて欲しいという思いが込められています。

昔は、お仏壇を置いて…ということが多かったですが、
ここ最近…特にコロナによる生活様式の変化で
手元供養が広がっているように感じます。

手元供養にはどういったものがあるの?

供養というのは冥福を祈る行為であることを上の方で
書きましたが、手元供養も色々な形があると思います。

最近増えているなと思うもの
代表的なものの一部を紹介していきます。

・遺骨ペンダント
遺骨の一部や遺灰を納められるペンダントです。
大切な人をいつも身近に感じたい。
見守ってくれてるなどのお守りとして持たれる方もいるそうです。

・リング
ペンダントではなく、指輪にしたいという要望もあるようです。

・ミニ仏壇
昔からありましたが、最近では大きさや種類も豊富です。

・ミニ骨壷
遺影とミニ骨壷をセットで置いたり、
またはミニ仏壇と組み合わせて購入される方もいるようですね・

・ダイヤモンド
遺骨、遺灰をダイヤモンドに加工するものです。
遺骨や遺灰に含まれる炭素を取り出し、高温・高圧にかけることでダイヤモンドを作ります。
紹介している中で最も高価です。
だいたいですが、0.2カラットで40万前後です。
過去のブログの最後でも少しだけ紹介しています。

リンク:【尾張旭市でペットの遺品整理】ペットロスで無気力、いわゆるゴミ屋敷状態へ…

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は手元供養に関するお話でした。
時代の変化と共に、亡くなられた方との接し方も変わって来ています。

わかりやすく、
アクセサリーなどにして供養をする方もいれば
お祈りだけしているという方もおられるでしょう。

冥福を祈ることが供養となります。
大切なのはその気持ちです。
自分にあった形で供養を行いたいですね。