<<お電話フリーダイアル>>

【大府市で遺品整理】お部屋の中にあったものから読み取れること

before-after_01

こんにちは、遺品整理さくらの堀田です。
もうすぐ9月も終わりますね。
少し前まで今年の半分が終わりと周りと話をしていましたが…
1日1日を大切にしたいと思う今日この頃です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、大府市で遺品整理を行ってきました。
会社の社長をされていた方が、
急に倒れられ、救急車で搬送されましたが、
病院に着く前に亡くなられてしまったそうです…。

愛知県での遺品整理さくらの作業事例です。
リンク:愛知県での遺品整理の事例

遺品整理さくらの口コミです。
よければこちらもご覧ください。
リンク:遺品整理さくらの口コミ

目次

  1. 大府市で遺品整理
  2. 作業開始
  3. お部屋の中にあったものから読み取れること
  4. 片付け終了とゴミの処分について
  5. まとめ

大府市で遺品整理

亡くなられた方の婚約者様からのご依頼でした。
婚約を目前に控えての不幸だったようで、
ある日突然倒れられて、救急車で病院に搬送中に亡くなられたようです。

亡くなられた方は50代とまだ若く、
社長をされたいたとのことです。
婚約者様のお話では、もうすぐ結婚する予定であったとのことです。
気丈に振る舞ってはいましたが、心境を考えると…と思わざるを得ませんでした。

 

作業開始

お部屋は1DKでした。
婚約者の方がある程度、片付けをされていたようです。
書類がまとめてあったり、
貴重品の箱がまとめてあったりしておりました。

作業をはじめて驚いたのが、
部屋の中にはGUCCIやHERMES、ROLEXなどの高級ブランドの
箱がたくさん出てきました。
一部を除き、中身はほぼ空の状態でした。

婚約者様いわく、
中のものは形見分けとしてほぼ渡してしまったとのことです。

 

お部屋の中にあったものから読み取れること

片付けをしていると、
健康に気をつける食事のレシピ本や
病気について書かれた書籍などが出てきたので、
何か病気があったのやもしれません。

忙しい方の家だとカップ麺などのインスタント食品の
ゴミが多いお部屋もあるのですが、
ここのお部屋はあまりそういうのはありませんでした。

気をつけて生活をしていたのか、
はたまた婚約者様が気を使っていたのかはわかりません。

時計やブランドものが多いお部屋というと
いわゆる成金趣味のように仰る方もいます。

このお部屋にあるテレビ、パソコン、昔使っていたであろう携帯電話
を見ると、どれも古いながらも大切に使われたいたことが読み取れました。

あくまで推測の域を出ず、
実際は全然そうではないかもしれせん。

before-after_01 before-after_02

片付け終了とゴミの処分について

作業は2日半で終了しました。
一部の使えるものは買取をさせていただき、

それ以外のものは処分となりました。
あまり処分について話すことはないのですが、
最近、不法投棄などで不用品回収を謳っている業者が
逮捕されるというニュースを耳にします。

遺品整理さくらでは、
一般廃棄物収集運搬業許可を所有している業者さんと
提携し、適切な方法で処分をしています。

業者さんの車両に載せる様子です。

kaisyu

不法投棄ではよく冷蔵庫などの家電類が問題になっていますよね。
適切に処分するとどうしても処分費用が高くなってしまうことから、
一部の業者は適切に処分していないという現実があります。

できるだけ、
リサイクルなどをして活かせるものは
積極的に買取をさせて頂いております。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回はそこまで物量のあるお部屋ではありませんでしたが、
お亡くなりになった経緯を省みると、
他人事には感じませんでした。

いつ自分の身に何かが起きても
残された家族が路頭に迷ったり苦労することがないように
したいと改めて感じた現場でした。

シェアよろしくお願いします!