<<お電話フリーダイアル>>

「今年で年賀状はやめます。」 年賀状じまいとは?

年賀状
年賀状

こんにちは、遺品整理さくらの掘田です。
12月に入りましたね。
今年も残すところ約1ヶ月です。
昨年はコロナの影響で自粛ムードが続いておりましたね。
ここ最近の感染者の数を見るとそこまでですが、
油断せず過ごして行きたいです。

そろそろ年賀状を用意する時期ですね。
デザインをや内容を考えていたり、
お店に頼んだという方もいらっしゃるでしょう。
そんな中、もう年賀状はおしまいにしたい…そんな声も聞くようになりました。
“年賀状じまい”を検討される方が増えているようです。

愛知県での遺品整理さくらの作業事例です。
リンク:愛知県での遺品整理の事例

遺品整理さくらの口コミです。
よければこちらもご覧ください。
リンク:遺品整理さくらの口コミ

目次

  1. 年賀状じまいとは?
  2. 年賀状じまいのメリット
  3. ハガキや印刷にかかるお金が節約出来る
  4. 親しい間柄でもない人間関係の整理につながる
  5. 年賀状じまいのデメリット
  6. まとめ

年賀状じまいとは?

nengajou_irimasen

年を重ねると、あらゆるところに衰えが出始め、
1枚ずつ年賀状を書くのも億劫になりがちではないでしょうか?
また、あまり親しくない方への年賀状も用意したりするのも
楽ではないため正直やめたいという声も聞きます。

そういう方のためにあるのが、「年賀状じまい」です。

通常出す年賀状に、今年限りで年賀状はおしまいにします
っと記載をしたものです。

終活の一貫としてされたいた方が多いので、
「終活年賀状」なんて呼ばれたりもします。

たまたまですが、とあるショッピングセンター内で、
来年の年賀状でおしまいにという話をされている方がいらっしゃいました。

コロナ禍や昨今のデジタル化に相まって
年賀状じまいを検討される方が増えていると聞きます。

年賀状じまいのメリット

年賀状じまいにはこのようなメリットがあります。

・ハガキや印刷にかかるお金が節約出来る
・親しい間柄でもない人間関係の整理につながる

順番に見ていきます。

ハガキや印刷にかかるお金が節約出来る

これはそのままの意味です。
年賀状1枚あたりにそこまでお金をかけている方は少ないでしょうが、
ハガキ、印刷にそれぞれお金がかかります。
塵も積もれば山となる。
1枚1枚は大した額でなくとも積もれば大きな金額になります。
デザインや内容を考えるのに使った時間も浮くので侮れません。

親しい間柄でもない人間関係の整理につながる

人間関係を整理というとちょっと抵抗を感じるかもしれません。
年賀状を毎年出している方の中に、特に親しくもないし
なんなら年賀状ぐらいでしか連絡を取らないという方もいるのではないでしょうか?

年賀状をやめるから、交流を絶つということではありません。
携帯電話の普及で
メール、電話、LINEなどで交流する方も多くいらっしゃいます。

LINEを交換したら、今までより話すようになって
新たな一面を知ることができた!となる可能性だって大いにありえます。

年賀状じまいのデメリット

デメリットは終活年賀状を出すことにより、
もう私とは縁を切るってこと?と誤解されれるかもということです。
あくまでハガキを出すことをやめるわけで、交流を絶つわけではありません。

終活年賀状を出すなら、
どうせ今回で終わりなわけなので、
相手に失礼のないように、文面を工夫したいですね。

参考になるものが欲しいという方もいるかと思います。
年賀状じまいをするなら、こんな文章がいいよという例が紹介されています。

リンク:年賀状じまいの文例

まとめ

コロナ禍でわたしたちの生活のあり方というものが
変化をしてきました。
マスク、消毒、人との距離、そしてリモート化。
急激に変化していく中で年賀状じまいを選択する方が増えているようです。
終活そのものが高齢者だけでなく、
30代、40代の方にも考えが広まってきました。

年賀状じまいを勧めるわけではありません。
年賀状以外でもコミュニケーションの手段が豊富になってきました。

もし、毎年の年賀状にお悩みであれば一考されてはいかがでしょうか?

シェアよろしくお願いします!