1. ホーム
  2. »
  3. さくらブログ
  4. »
  5. 孤独死後の問題

孤独死後の問題


こんばんは。遺品整理さくらのスタッフかずみ♀です。
核家族化が進み御高齢の方の一人暮らしが増えています。孤独死が増加傾向にあり、孤独死後の色々な問題があります。

 

 

~賃貸の場合~
・家賃(退去費用)
・お部屋の清掃、修繕費(孤独死後、発見が遅れた場合ハウスクリーニングが必要)
・お部屋内の家具や持物の処分費用
・近隣住民の方への配慮(悪臭や害虫など)
・検案後の御遺体の引き渡し先

 

 

 

親族がいない場合や、いても連絡が取れないなど、賃貸のオーナーさんが悩まれるところです。
賃貸オーナーさん向けのこんな保険があるそうです。
・孤独死や自殺が発生したお部屋の現状回復費用
・事故物件後空室になってしまった、家賃が下がった、などの補償

 

 

 

逆に御高齢の方、自ら備える補償プランもあるそうです。
・葬儀費用
・遺品整理費用、など

中には生命保険で死亡保険金の受取人を賃貸オーナーさんや、管理会社さんなど第三者を受取人に指定できる物もあるそうです。

 

 

 

保険というと生命保険や学資保険などを想像しますが、今はこのような保険があるのですね。遺された家族に負担をかけない為にこのような保険に予め入っておく、という事も出来ますね。他にも色々な保険があるようなので調べてみるのも良さそうですね(。^р^。)

遺品整理さくらでは、個人様はもちろんの事、法人様からの御依頼も受け賜っております。愛知を中心に名古屋、三重、岐阜、お見積もり無料ですのでお気軽に御相談下さい。