<<お電話フリーダイアル>>

【岐阜県羽島市】遺品整理とゴミ屋敷のお片付け

hashima-ihinseiri&gomiyashiki1

こんにちは、遺品整理さくら代表の堀田です。

先日の雨の日はとても寒かったですね。
暖かくなってきていたので、少し油断していました。
来週も雨の日は2月上旬並みらしいので、暖かくしてお過ごしください。

今週は岐阜県羽島市で遺品整理をさせて頂いております。

岐阜県での遺品整理さくらの作業事例です。
リンク:岐阜県での遺品整理の事例

遺品整理さくらの口コミです。
よければこちらもご覧ください。
リンク:遺品整理さくらの口コミ

目次

  1. 岐阜県羽島市へ遺品整理のお見積りへ
  2. 玄関を開けた先は…
  3. 気がついてあげられなかった
  4. 遺品整理とゴミ屋敷の片付け
  5. 「助けを求める力」が足りていないのかも
  6. 片付けようとしたあとが…

岐阜県羽島市へ遺品整理のお見積り

お電話をくださったのは亡くなられた方の娘様からでした。
片付けたいが、お部屋の惨状から自分では無理だと思って、
遺品整理、片付けの業者を探していたようです。

お電話頂いたその日の夜に
遺品整理のお見積りにお伺いさせて頂きました。

玄関を開けた先は…

お部屋は1K。
お母様がお一人で住まわれていたとのことです。
何でも最近お亡くなりになられたばかりだそうです。

お話を伺って玄関を開けると
このような状態でした。

gomiyashiki-genkan

気がついてあげられなかった…

娘様は近所にお住まいで
週1回程度お母様と
一緒に買い物に行かれていたそうです。

家の中には入らず窓をノックして
お母様が出てくるという形をとっていたので
部屋の中がゴミ屋敷状態になっていた事に気付かなかったそうです。

勝手に他人様の心情を語るのははばかられるのですが、
とても後悔しているように感じました。

遺品整理とゴミ屋敷の片付け

遺品整理を行うにも
散らかったゴミの片付けが必要です。
少しづづ片付けて行きました。

お母様は恐らくゴミの上で生活していらしたのでしょう。
足の踏み場が全くと言っていいほどありませんでした。

玄関を少し片付けた状態でこの様な感じです。
まだまだ部屋の中は、背丈以上のゴミの山です。

hashima-ihinseiri&gomiyashiki1

「助けを求める力」が足りていないのかも

作業をしていると
同じ品物がいくつもあったりしたので、
お母様は認知症だったのではないか?と思いました。

このようになってしまった現場を数多く見てきましたが、
ふと、名古屋市の現場のことを思い出しました。

関連記事:https://ihinseiri-sakura.com/archives/2018919-self-neglect ‎

この記事にも書きましたが、
このような方は「助けを求める力」というのが
圧倒的に足りていない場合が多いです。

わたしたちや周りの方々が小さな変化や
違和感を見落とさず、
歩み寄ることが大切です

決して他人事ではありません
わたしもこのような変化に気付いてあげられる人間でありたいです。

片付けしようとしたあとが…

ある程度、片付けが終わり
本格的に遺品整理を行って行きました。

そうすると、
ビニール袋に小分けされている物が沢山ありました。

一つずつ中を開封してみると
キーホルダーのみが入った袋や
キャラクター別に分けられている物などが出てきました。

それらはビニール袋に分別されていたことから、
ご自分でお部屋を片付けようとされていたのではないでしょうか?

hashima-ihinseiri&gomiyashiki2

遺品整理作業終了後、
御依頼主様にお部屋を確認していただきました。

その後、大家さんにもお部屋の確認をして頂き
遺品整理作業終了となりました。