一宮市で遺品整理 後編

こんにちは、遺品整理さくらの堀田です。

前回に引き続き、一宮市での遺品整理の続きになります。
前回の記事はこちらです。
リンク:記事

1.3日目…GW明けに片付け

前回から続けての片付けになります。
GW明けに片付けを行いました。

3日目は前回に引き続き、
2階の片付けと大物家具の処理を行いました。

2階の物量が思っていたより多く
時間がかかりました。

2.買った当初は高価であったであろうものが…

2階を片付けている最中、
タンスの中から着物がたくさん出てきました。
遺品整理を行っていると着物は何度も遭遇するもので、
そう珍しいものではありません。

今回のお宅から出た着物は
買った当初(昭和初期)は100万単位したのではないかと
いうものがいくつも出てきました。

前回の片付け時に出てきた大量の引き出物もそうですが、
こうも数があると圧倒されます。

残念ながら
保存状態がそこまでいいものではないこと、
日本では着物を着られる方が少ないため、
そこまでの価値は厳しいと思います。

3.片付け最終日

3日目に一通り終わらせたので
最終日は細かいモノの片付けと仕上げの清掃です。

遺品整理さくらでは、
基本的に片付けて終わりではなく、
最後に清掃を行っています。

片付けを行った部屋を全室掃除機をかけ、
簡単に落とせそうな汚れがあれば落とします。

自分でいうのもあれですが、
中々ここまでやる業者はいないかと思います。

片付け後の写真です。
片付け前はモノであふれていたのに
とれもキレイになりました。

ご依頼主様も最終確認を頂く前に

「2階見に行っていい?」

とそわそわする様子が伺えました。

4.まとめ

今回は、生前整理の予定が、
ご不幸により遺品整理となってしまいました。

ご依頼主様は覚悟をしていたようですが、
実際の心持ちはわかりません。

しかしながら、
最後、キレイになったお部屋を見て
私たちの作業にご満足頂けたかと思われます。

表情や頂けるお言葉からもそれがわかり、
出来ることは精一杯やれたと自負しております。