<<お電話フリーダイアル>>

【いい記事です】遺品整理で感じたギャップの記事を読んで思うこと

こんにちは、遺品整理さくらの掘田です。
少しづつ暖かくなってきたように感じます。
とはいえ、やはり朝晩は冷えますね。
寒さに負けず、しっかりコロナ対策もして頑張っております!

さて、気になるニュースが目についたので
これについて今日はお話していきます。

愛知県での遺品整理さくらの作業事例です。
リンク:愛知県での遺品整理の事例

遺品整理さくらの口コミです。
よければこちらもご覧ください。
リンク:遺品整理さくらの口コミ

目次

  1. 遺品整理で感じたギャップ 悪い編
  2. 悪い意味でのギャップ1位「親族間での関係性」、2位「故人宅の清掃」
  3. 遺品整理で感じたギャップ よい編
  4. 良い意味でのギャップ1位「親族間での関係性」、2位「特にない」
  5. 番外編 .良い意味でのギャップ3位 「金銭面」

1.遺品整理で感じた悪いギャップ

この調査は1月11日~16日まで100人の方に回答を募った結果だそうです。
お答えされた方は、過去に遺品整理を経験されている方だということなので、
参考になれば幸いです。

遺品整理で感じたギャップ

悪い意味でのギャップ1位「親族間での関係性」、2位「故人宅の清掃」

gap_01

PRTIMESの記事より引用

1位と2位で全体の4割を占めています。

1位「親族間での関係性」
“故人と不仲だった親族と親しかった親族の間で遺品の処分に関しての揉め事が起きた。親しかった親族は故人の遺品を保存しておきたかったが、不仲だった親族が勝手に処分してしまった。(30代女性)”

これはご遺品の扱いに関してですが、
・遺品整理が終わった後の家をどうするのか?
・業者に頼む費用は誰が出すのか?
・思ってもみない大金が出てきて、関心がなかった親族が口を挟んでくる

こんなこともあります。
遺品整理をすると決まったら、やる前にこれらについてを話し合う必要があるでしょう。
遺品整理さくらでも、過去にご家族やご親族とお話したり、
時には説得したりなんてこともありました。

不安なことがあれば、作業が終わってからより、
作業に入る前にご相談頂ける方がいい解決策をご提示しやすいです。

部屋をキレイにするだけが遺品整理だとは思っておりません。
ご依頼主様のお力になれればと考えております。

2位「故人宅の清掃」
故人宅の清掃とはどういった意味でしょうか?
記事を読み進めていくと、どうやら清掃に手こずったということのようです。

“故人は真面目な性格の人間ではありましたが、とにかく捨てられない困った人間でもあることがわかるくらいに物が多く、掃除の面でかなり手こずりました。(30代男性)”

コレクターの方であったり、物持ちがよい方であったりすると
これは特に感じるでしょう。
つい最近まで人が住んでいたところを、
何もなかったかのようにキレイするというのは思いの外大変です。
特にいるいらないの選別は大変です。

遺品整理のご依頼を受けた際には、
必ず、必要なものと不要なものをお尋ねしております。

しまった場所はわからないけど、
あったはず…なんてものも探し出します。

遺品整理さくらの強みの一つに、
探しものを探し出すというものがあります。
指輪、時計、通帳、アルバム、書類などなど
本の1ページづつ、書類は1枚づつ、衣類やカバンのポケットは全て見ております。
時にはタンスの奥、戸棚などにひっそりとしまってあるものも見つけてお渡ししております。

遺品整理で感じたよいギャップ

先程までは悪いギャップのお話でしたが、
今度はよいギャップです。
確かに!と思う結果となっております。

良い意味でのギャップ1位「親族間での関係性」、2位「特にない」

gap_02

PRTIMESの記事より引用

わずかながら、
5%ですが、同じ親族間での関係性でもよい方が上回っております。
早速内容を見ていきたいです。

1位「親族間での関係性」

“なかなか連絡を頻繁に取る事もなくなってしまった遺族とも久しぶりに話す事ができた。昔の思い出話をする機会も減っていたのでうれしかった。(40代男性)”

これはいいですね!
人が亡くなってしまったことは悲しいことですが、
これがきっかけで、久しぶりに親戚で集まって話をしたりすることが出来たということですね。
亡くなられた方も、自分のことで揉めたりするのは望まないでしょう。

2位「特にない」

“特にギャップを感じる事はなく、かかる費用や相続の手続きなど事前に調べていた事もあり思っていた感じで進みました。(40代男性)”

事前に準備されていたり、故人様のものが少なかったりすると
「こんなものか…」と感じることはあるかもしれません。
そういう方は、自分たちで片付けをされている方が多いですね。

自分たちで時間をかけて片付けするもよし
何をどうすればいいのか、全てお任せしたいから業者の頼むもよし

まずは相談からというのでも大丈夫ですよ。
きちんと話を聞いて、ご納得されてから依頼するのが一番です。

番外編 .良い意味でのギャップ3位 「金銭面」

良いギャップの3位ですが、
これは知って欲しいと思った結果でした。

内容をかいつまんでお話すると、
不要な遺品の買取で思った以上の金額になったというものです。

今は、昔と違って専門店やフリマアプリなどの売却手段が豊富です。
これらを活用することで、遺品整理の金銭的な負担を減らすことが出来ます。

遺品整理さくらでも、
積極的に買取を行っております。
買取というと貴金属類をまず思い浮かべますが…
国内販売だけではなく、海外への貿易も行っていることから

「え、こんなものでも値段つくんですか?!」

と驚かれるご依頼主様も多くいらっしゃいます。

また、自分たちでは真贋の鑑定が難しい古美術品も、
歴30年以上の専門家の方と提携していることもあり大得意です。

愛知、岐阜、三重の遺品整理・生前整理のことなら
遺品整理さくらへ一度ご相談ください。

お願いしてよかった!
そう言って頂ける遺品整理・生前整理を心がけています。