1. ホーム
  2. »
  3. 生前整理に関する記事
  4. »
  5. 生前整理・家族の為にエンディングノート(終活ノート)の作成を!

生前整理・家族の為にエンディングノート(終活ノート)の作成を!


(2020.09.01更新)

エンディングノート

エンディングノート

こんばんは、遺品整理さくらのスタッフかずみ♀です。

終活を始められる方は増えつつありますが、
『エンディングノート』
を用意されている方はまだまだ少ないそうです。

終活というと片付けや整理といった「生前整理」だけではなく、
いつ何があっても家族や親類が困らないように、
『エンディングノート(終活ノート)』
を作成することも含まれます。

ここでは、これから生前整理に取り組みたい方のために
エンディングノートについて詳しくお伝えしていきましょう!

■目次

  1. ○エンディングノートって、そもそもなんなの?
  2. ○エンディングノートを作る前に
  3. ○エンディングノートには何を書いたらいいの?遺言との違いは?
  4. ○実際にあった嘘のような本当のお話

 

○エンディングノートって、そもそもなんなの?

エンディングノートとは、
家族に伝えたい想いを
そのまま書きとめておくノートのことを言います。

とは言っても、
遺言のように形式があるようなものではありません。

遺品整理さくらでは生前生理を御依頼頂いた方に、
御家族が困らないよう、
エンディングノートの作成をおすすめしているのです。

どのようなものか簡単にいうと、
自分にもしものことがあったときに備え、

伝えて置きたいこと
残してあるもの(思い出の品や資産)
延命についてはこうしてほしい
認知症になった時はこうしてほしい

などというように
気持ちや想い、伝えたいこと、知っておいてほしいことなど、

どんなことでも書き留めておき、
不安なく余生を過ごすためのノートなのです。

”エンディング”と言う言葉が付くので
どうしても暗いイメージを持ってしまいがちです。

「まだ生きているのに・・」
「そんな先のことなんて考えたくない!」

と少しムッとされてしまう事もあります。

しかしエンディングノートについてご説明をすると、
「今はこんなのがあるんだね~」と
みなさんがそう言います。

「万が一の場合に…」
と考えておくことは大事なことですよね。

○エンディングノートを作る前に

資産

資産

エンディングノートは本屋さんでも売っていたり、
無料でダウンロード出来る物もありますが、
普通のノートでも必要な事さえ書いてあれば大丈夫です。

基本的に形式的なものはありません。

自身の財産や形見分けできるような資産が
どこにどのように保管されているのか、

通帳や株券といった目に見えるものだけではなく、
インターネットバンクや証券などの契約状況
IDやパスワードなどを記しておくと
いざという時に家族に対応してもらえます。

さらに何かあった時に伝えてほしい親戚の連絡先、
友人の住所や電話番号などを
記しておくこともいいでしょう。

そのようにいきなり書き出す前に、
自分自身のことを少し整理してみると
いいのではないでしょうか。

また、
加入している保険、預貯金、株式などの資産
どういう契約になっているのか?
満期を迎えていないか?
見直しの時期が来てないか?

エンディングノートを書き込みながら、
資産の状況をきちんと自分で把握することもできますよ。

○エンディングノートには何を書いたらいいの?遺言との違いは?

エンディングノートには次のような内容を書くことをおすすめします。

・葬儀はどうしてほしいか?
・お墓はどうするのか?
・遺された物はどうしてほしいか?
・銀行口座、クレジットカードの詳細
・借金やローンの詳細
・契約書など大切な書類の保管場所
・亡くなった事を知らせて欲しい人
・家族へのメッセージ
..など

ただしエンディングノートは、
遺言としての法的な効力はとても弱いものです。

遺言は法的に拘束力のあるもので
その内容には基本的に従わねばならないのです。

自分の想いとは別に
相続のことが気になる場合であれば、
エンディングノートとは別に
遺言書を作成するようにしましょう。

作った遺言書は法務局で保管してもらえるサービスもあります

【法務局が一生保管】遺言書の保管制度と生前整理のススメ

あくまでエンディングノートは
いざという時にでも
想いを伝えることができるノートです。

その違いをうまく活用すれば、
とても便利な終活ノートであると
言えるのではないでしょうか。

読んでもわからない、助けて!っていう方は
遺品整理さくらへお問い合わせください

○実際にあった嘘のような本当のお話

先日遺品整理さくらの代表が遺品整理にお伺いした時、
故人様が自分の生活を節約して息子様に残した大切な通帳が、
ご遺品として探し出されました。

しかし、故人様の名義で名字は合っているのですが、
名前が一文字だけ違っていたのです。

故人様が故意的にしたようです。
なぜなのでしょうか。

嘘の様な本当のお話しです。

遺されたご家族にとっても
どうしてそんなことをしたのだろう??
となってしまいました。

ものすごく深い意味があったかもしれません
ゲンを担ぐようなものだったのかもしれません

今となってはその本意は
誰にも分からないのです。

この様な事もありますので、
もしもの時の為にエンディングノートを作成し、
ノートを大切に保管して、
保管場所を家族に知らせておくといいでしょう。

 

遺品整理さくらでは
・遺品整理
・生前整理
・不用品のお片付け
・ゴミ屋敷、猫屋敷、空き家整理

などを承っております。
作業後にリフォームや家屋解体をお考えの方もお気軽に御相談ください。

対応エリアは、愛知県(名古屋、尾張、三河)、三重県、岐阜県です。
東海三県内出張お見積もり無料です◎まずはお気軽に御相談ください。

それではまたお会いしましょう。

 

<お問い合わせはこちらから>